読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レートの闇に呑まれたマスオさん

使用した構築や単体考察について備忘録も兼ねて書いていきたいと思います。

Twitterやってます。良かったらフォローしてください。 ID:masuo_pokemon

シーズン13使用構築ラグマンダフーディンキザン

初めまして。マスオと申します。

シーズン13で使用した構築について書きたいと思います。

 f:id:masuopokemon:20160118104158p:plain

 

f:id:masuopokemon:20160118122903p:plain

※画像は1/18,10:00時点のもの。

 

 

この構築の考え方はけっこう適当で、ラグマンダキザンという有名な並びに裏のメガ進化としてキリキザンと相性のよいメガフーディンを入れて残り2体で補完した形です。ボーマンダ軸はパーティーを組むのが難しいと実感しました。それでは個別解説に入ります。

 

ラグラージ@オボンの実 

f:id:masuopokemon:20160118105534g:plain

特性:げきりゅう

わんぱくH252A4B252

実数値207-131-156-x-110-80

じしん/ゆきなだれ/ステルスロック/ほえる

実況者のサントスさんの型を参考にした。先発ステロ巻き要員。のはずがほとんどステロを巻くことがなかった。高レート帯はやはりガルーラが多く、先発ガルーラ対面でじしんを打って散ることが非常に多かった(構築の欠陥)。オボンの実はボーマンダフーディンのどちらにも強く先発で出てきやすい襷こごえる風ゲンガーを倒せるなど主に特殊方面の耐久が安定したので悪くはなかった。ラグマンダのラグラージは特殊型が多く、物理型は読まれにくかったが、ゆきなだれの使い勝手はあまりよくなかった。この型なら特性はしめりけ一択なので甘えている。

 

ボーマンダボーマンダナイト

f:id:masuopokemon:20160118105817g:plain

 特性:いかく→スカイスキン 

いじっぱりH244A204S60

実数値201-199-100-x-100-128

メガ進化後201-210-150-x-110-148

おんがえし/りゅうのまい/はねやすめ/みがわり

 

HAベース、Sはメガ進化後最速ギャラドス抜き。

このパーティーのエース。HAベースのボーマンダの良いところはガルーラ対面でりゅうのまいが安定択になること。一回舞えばほとんどのガルーラを倒せる。飛行技ワンウェポンだが、ラグラージが物理型で地震持ちでローブシンもいるので困ったことはなかった。クレセリアには択に勝てば勝てる。使いこなせるまでに時間がかかったが、A振りおんがえしの火力は予想以上だった。

 

キリキザン@いのちのたま

  f:id:masuopokemon:20160118122225g:plain

特性:まけんき

いじっぱりH4A252S252

実数値141-194-120-x-90-122

はたきおとす/ふいうち/アイアンヘッド/つるぎのまい

 

単純にASぶっぱだが、S252は過剰なので実数値116程度あれば十分だと思う(振り直すのが面倒だった)。

ラグマンダともフーディンとも相性の良い抜きエース。ただし今回のパーティーではラグマンダキザンと並べるとすべて物理型になってしまうので鬼火持ちに気を付けなければならない。本来キリキザン入りに対してクレセリアを選出すること自体悪手だが、このパーティーはメガ枠2体ともクレセリアが止めることが出来、よく出てきたので積みの起点にさせてもらった。ガルクレセの並びには積極的に出していきたい。フーディンのアンコールからのつるぎのまいは安定して強い。一回舞えれば試合が終わるというのは本当だった。

 

フーディン@フーディナイト

f:id:masuopokemon:20160118121449g:plain

特性:マジックガード→トレース

おくびょうH52B204S252

実数値137-x-91-155-115-189

メガ進化後137-x-111-195-115-222

サイコキネシス/きあいだま/まもる/アンコール

 

結構前から愛用しているので調整先は忘れたけどトレース込みでマンムー地震+氷のつぶて耐えだったと思う。S252振りは過剰に思えるが、メガバシャーモメガリザードンXなどS調整されたS↑100族を上から叩けるので役に立つ。

裏のメガ進化枠。ゲッコウガ入りなどボーマンダが出しにくいときに選出する。択が生まれやすいが使い慣れてくれば何とかなる。シーズンを重ねるごとに認知度が上がってきて読まれることが多くなっている一方で金縛り警戒の動きもしてくれるので助けられることもある。親子愛や変幻自在をトレースすると最強ポケモンになる。

 

ローブシンゴツゴツメット

f:id:masuopokemon:20160118105136g:plain

 特性:こんじょう

いじっぱりH212A36B252D4S4

実数値207-181-147-x-86-66

ドレインパンチ/マッハパンチ/れいとうパンチ/がんせきふうじ

 

メガフーディンを使うときには初手でガルーラフーディンが対面した時に引き先が必要なので、今回はローブシンを採用した。ボーマンダフーディンが苦手なスカーフガブリアスバンギラスに強いのも評価点。ガルクレセは無理なのラグマンダキザンでどうにかする。使い勝手はあまり良くなく、改善を要する枠だった。がんせきふうじはパーティー単位で苦手なファイアロー対策。交換読みでファイアローを3回、リザードンを1回葬った。

 

・サンダー@ラムの実 

f:id:masuopokemon:20151117204535g:plain

特性:プレッシャー

ずぶといH252B232D4S20※めざ氷個体

実数値197-x-147-145-111-123

10万ボルト/めざめるパワー(氷)/どくどく/はねやすめ

 

理想固体が出たのでよく使ってる相棒。ここまででファイアローボーマンダが厳しいので採用した。悪巧みボルトロスが一定数いる現環境では微妙だと思う。

 

 

・雑感、データなど

このパーティーは1900前後から使い始め、66戦37勝29敗、勝率56%だった。シーズン終盤忙しく、時間がなかったので2000乗った瞬間で止めた。ガルーラを使わず2000が最低限の目標だったので満足はしている。

ボーマンダ軸の新しい形を見つけようと試行錯誤を続けたが満足できるパーティーは組めなかった。パーティとしてメガクチートが無理だった。ゲッコウガ入りにはフーディンの選出を余儀なくされるが、ゲッコウガボルトロスで選出されるとフーディンの足が奪われた瞬間負けるので厳しい立ち回りを強いられた。いくつか改善案があるので来シーズンで試してみたい。

 

選出データ

f:id:masuopokemon:20160118125553p:plain

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。質問などあれば気軽にどうぞ。またシーズン14でお会いしましょう。